ポニーのブログ

興味を持ったジャンルの記事を書きます。趣味がベース。

【2017年モデル】コートで目立つ!カッコイイ近未来デザインシューズ「POWER CUSHION 03」

どうもこんにちは。

 

「オシャレは足元から。」

このルールはビジネスでも鉄則ですね。

 

もちろんバドミントンでも。

 

今回は発売ほやほやのシューズを紹介します。

「どんなシューズにしようかな」と悩んでいる人はぜひご検討ください!

オシャレシューズでコート内で目立つこと間違いなし!

 

 

 

 

POWER CUSHION 03(パワークッション03)」世界同時発売!

 

f:id:hotta1:20170618192814j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hotta1/20170623/20170623041237.jpg

f:id:hotta1:20170618193045j:plain

 

このバドミントンシューズ、今年2月のBADMINTON S/J LEAGUEさいたま大会にてYONEXチームが使用していたとのこと。

 

蛍光色はオシャレでカッコイイ!!

これはコートで目立つの間違いなし。

 

デザインコンセプトは、ハニカム(六角形)のグラデーションでスピード感を表現したシャープなデザインで近未来感をイメージしているとのこと。

こんなシューズを履いている選手が対戦相手だったら、僕はまず戦意喪失します。

 

しかし、オシャレに気を使うバドミントンプレイヤーは見た目なけでなく、機能も重視します。

 

その気になる機能は?

 

機能性について

つま先である前足部の内側・外側・中央部分に、耐摩耗性保形力に優れる素材「デュラブルスキン」を剛性を変えて配置しているので、各部位に求められる性能を高めて安定性を向上している。

 

そしてYONEXのバドミントンシューズ初となるそうだが、インナーブーティー構造でフィット感が進化している

切り返しなど激しいフットワークを支えてくれるシューズとのこと。

 

 

デュラブルスキンとは

デュラブルスキン

耐摩耗性、保形力に優れる素材。これを前足部の内側・外側・中央部で剛性を変え、各部位に求められる性能を高めました。 また、シャンク部にある補強パーツ(スタビライザー)をつま先部~カカト部まで大型化し、激しいフットワーク時の横ブレを抑えます。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hotta1/20170623/20170623041200.jpg

 

インナーブーティー構造とは

◆インナーブーティー構造
タング(ベロ)と履き口を一体化。重なりを無くすことで、足とシューズとの隙間を無くし、フィット性を高めます。 当社バドミントンシューズとしては初採用の構造。フレクションアッパーとの相乗効果で、足全体を優しく包み込みます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hotta1/20170623/20170623041205.jpg

 

三層構造のパワークッション®

 ◆三層構造のパワークッション®
7mの高さから落とした生卵が、割れずに4m以上跳ね返る軽量衝撃吸収材 「パワークッション」を搭載。 また、カカト部のパワークッションを「上層・中層・下層」の三層に分けて「硬・軟・硬」の硬さに設定することで衝撃吸収性・反発性が最も向上し、 従来のパワークッションより衝撃吸収性が30%、反発性が5%向上しています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hotta1/20170623/20170623041210.jpg

 

 

 

 

おお、画像を見るとわかるように、シューズの履き口が今までの形状が異なっている。しかも保形力もUPしているので激しいバドミントン中のフットワークもサポートしてくれそうだ。

 

見た目も機能も大幅にUPしているこのシューズ、オシャレバドミントンプレイヤーはぜひ使うべきだ!